Domaine le Portail ドメーヌ・ル・ポルタイル

ドメーヌは、ロワール地方の真ん中にあるアペラシオン < シュベルニ >と < クール・シューベルニ >の中心に位置し、ここはロワール川とソローニュの間にあり、フランスで有名な豪華な城がいくつも川沿いに沿い聳え立っています。
漫画家エルジェが < タンタン の冒険旅行 >でムーランサール城を描く際にモデルにしたシュベルニー城は、このドメーヌのわずか600メートルという所にあります。


この有名なシュベルニーCHEVERNY城はシャンボール城とシュノンソー城の次に最も訪問されている城で、現在もある家族の私有地で居住されています。ホースバック・ハンティングもまだ行われているそうです。




ワイン畑は自然の草花で覆われ、2000年から、テラ・ヴィティスという観察がとても重要な役割をはたす環境を配慮した自然派農法を用い、トラディッショナル方式によりテロワールを尊重した本物のワインを作っています。< TERRA VITIS > は自然環境を大切にした持続可能"sustainable"なワイン造りを行います。 厳しく指定された事項を守り、注意深い観察 によりワイン畑はコントロールされ、本当に必要な時にだけ認定された害虫、病気予防管理を施します。農業の生産性向上と持続的発展のため、科学的リサーチ により毎年進歩をとげています。 

terra vitis, Cheverny, domaine le portail, Portail estate
テラ・ヴィティスによりドメーヌは最大限まで生物多様性を利用します。

ロワールはとても古い歴史のあるワイン地方で、ロワール地方の穏やかな気候と快適なライフスタイルからフランス王・貴族たちの城が数多く建てられ、王達のロワール渓谷と呼ばれています。
中世から修道院周辺でワイン造りが行われ始めたといわれ、ドメーヌPortailは数世紀に渡ってワイン畑のある旧僧院なのです。

1978 年にミシェルと4世代に渡るワインメーカーの娘であるニコル・カドゥにより創業され、5ヘクタールから始まったワイン畑は現在32ヘクタールに及びます。 その息子ダミアンも2005年より加わり、醸造学だけでなく他のワイン地方やフランス国外での研修も重ね、熱心にワイン造りに取り組みます。


収穫はグリーンハーベストを手作業で行うことにより、綺麗な葡萄だけを残し、機械での収穫を効率のよいものにします。これにより、天候の悪い日や暑すぎる 日に収穫することを避け、ベストな天候条件のもと葡萄の熟し方が完璧なときに早く収穫を行うことができます。こうして高品質の葡萄からプレスされたジュー スからワインが造られます。
AOCクレマン・ドゥ・ロワールは手で収穫されます。
AOCクール・シュベルニ スウィート・オータムンは"late harvest"レイト・ハーベストワインです。(遅い収穫甘口ワイン)
AOCシューベルニ 白、赤、ロゼ
AOCクール・シュベルニ 白 (この葡萄品種ロモランタンは大変貴重な珍しい品種でフランスではこのアペラシオンでのみ造られます。)
テロワールはこのロワール川流域という地方の影響大変受けた、粘土石灰質上に砂岩質。


数多くの賞今までに受賞。


-有名なパリやマコンのワインコンクール
-DECANTER International World Wine Awards デカンター・ワールド・アワード
-アシェットガイドには頻繁にセレクトされ、過去にフィガロにも掲載されている。

 Cheverny Blancシュベルニー白: 2010 - Decanter デカンター:ブロンズ賞 - ソーヴィニヨンのアロマとシャルドネの繊細さ。
 Cheverny Rougeシュベルニー赤: 2010 - デカンター推薦(Commended) 品種ガメイ & ピノ・ノワール, フルーティー、爽やか、エレガント...
 Cour-Cheverny クール・シューベルニー(白): ロモランタンRomorantin, この地特有のレア品種

詳細: Domaine le Portail    
41700 - CHEVERNY - FRANCE